不動産投資と株式投資のメリット・デメリットを比較

不動産投資と株式投資のメリット・デメリットを比較

 

サラリーマンにとっての投資として不動産投資をお勧めします。不動産投資は、初期の投資金額は不動産を購入するのでそれなりに必要です。

しかし、投資収益という観点からは安定して決まった金額が入ってくる安心感があります。サラリーマンは忙しく、時間がなかなかかさけない人が多いです。

従って日常的に投資のために時間を割かずに投資収益が得られる不動産投資はサラリーマンの蓄財の有力な手段といえます。サラリーマンの投資として一般的なのは株式投資です。

不動産投資と株式投資を比較してその特徴を改めて確認したいと思います。

 

不動産投資のメリット4選!強みは面倒でなく安定収入が得られる

 

不動産投資では、賃貸物件の経営による家賃から得られる収益と、購入した不動産が経済成長他で地価が上昇し、売却した時に得られる収益があります。

不動産投資の対象は様々あり、1棟のアパート、1棟のマンション、区分マンション、戸建て住宅等様々です。不動産投資の収益性は、主に物件の立地や物件の特性によって大きく異なります。

メリットは大きく分けて4つあります。

  1. 家賃収入で安定した収入を得やすいこと
  2. 購入対象物件の販売価格の一定の金額があればローンを組むことができること
  3. 維持管理やメンテナンスのような面倒を不動産管理会社に任せることが可能
  4. 不動産投資がインフレ対策になること

①に関していえば、家賃収入を考えた場合、立地や将来性により高低はありますが安定した収入を得やすいことに関しては、他の投資と違いサラリーマン投資家にはとても心強いのではないでしょうか。

②手元資金は、購入対象物件の販売価格の一定の金額があればローンを組むことができることです。こちらも、会社からの給料がある程度あれば借入のハードルも低いのでサラリーマンがやりやすい要因の一端です。

③不動産を持つと日常的な維持管理や故障等があればメンテナンスが必要です。
また、家賃の受け取りや回収の業務があります。

しかし、これらの業務は町の不動産屋や不動産管理会社に任せることができます。手数料がかかりますが、自分の時間を有効に使え手離れが良いくすることができることです。投資をして面倒な作業が増えたら本業に支障が出てしまいます。しかし、不動産投資ではこちらも解消ができます。

④不動産投資がインフレ対策になることです。インフレがあって物価が上昇する時には一緒に不動産価格が上がります。

不動産価格は短期に変動せず、長期的な人口推移経済成長の推移等により変化します。

 

不動産投資のデメリット4選!弱みは自然災害なども視野に入れること

 

続いては、デメリットを解説いたします。

  1. 不動産を購入する際ローンを組むとしても多額の資金が必要になるケースがある
  2. 不動産の売買時、登記等の手続きで時間がかかる
  3. 不動産収益は家賃が中心となり、短期では利益が出ないこと
  4. 台風や地震等の自然災害で倒壊する等のリスクがあること

①は、不動産を購入しなくてはならなのでローンを組むとしても多額の資金が必要なことです。
物件に応じてですが、自身の給料内で無理なく投資することが重要です。

②不動産の売買には法的な制約も大きく、登記等の手続きが必要で購入や売却時に時間がかかることです。

③換金性が低いので不動産収益は家賃が中心となり、短期では利益が出ないことです。ある程度の期間は物件保有して、売買し利益を確定させましょう!

④台風や地震等の自然災害で倒壊する等のリスクがあることです。購入前に災害の可能性を確認する必要があります。このリスクは近年増えてきています。物件購入の際に、不動産会社さんにいろいろとアドバイスもらうことをお勧めいたします。

e-homeの黒澤社長は、上記リスクをプロの視点から多くアドバイスしていただけるので私は不動産投資初心者の方こそお勧めいたします。

 

株式投資のメリットデメリット解説。サラリーマンにおすすめは不動産投資!

 

株式投資では、企業の決算時に株主に対して提供される配当金による収益と、株価が上昇したときに株式を売買して得られる収益があります。

また、株式の売買には、時価で計算した株式代金を支払って、株式取引を行う現物取引と、現金や株式を担保として証券会社に預けて所有している資金以上の株式取引を行う信用取引の二つです。

信用取引は、自己資金以上の株式取引ができるので利益、損失ともに大きくなります。

運用の形態として二つあります、数年間株を保有して企業の成長による株の値上がりによる売却益と株の配当で収入を得る長期運用と、一日以内の保有期間で売買するデイトレードや一か月以内の保有期間で売買するスイングトレードといった短期で売買益を得ようとする短期運用です。

  1. 一日といった短期で売買益を得ることができること
  2. 様々な業界の株式がありますからリスクを減らすために分散投資ができる
  3. 保有する株の企業の商品、サービスに関する特典が得られる株主優待制度を活用可能

上記メリットは魅力的ですがデメリットの点から私は、忙しいサラリーマンの方が通しと選ぶなら不動産投資一択だと思います。

  1. 株価は毎日変動し値動きが大きいこと
  2. 価格が短期に変動するので、頻繁に経済ニュースやチャートを見てこまめに確認する必要がある

不動産投資と株式投資を比較すると不動産投資が、忙しいサラリーマンの投資に適していることが分かります。

自己資金がある程度ある方は、不動産投資を考えてみたらいかがでしょうか。
分散投資できない不動産は立地や将来の資産性を見きわめることが大事です。

運用実績の高い不動産投資会社に相談され情報集されることをお勧めします。

投稿者プロフィール

早川剛
早川剛
中小企業診断士 
東京協会城東支部
千葉労働局事業主支援アドバイザー

得意業務は、助成金の審査業務をメインに葛飾区創業塾、立石図書館ビジネス相談員として創業支援やものつくり補助金・小規模持続化補助金等申請支援活動を実施。 強みを生かし、新たなニーズからビジネスチャンスを探ります!

関連記事

  1. 消費税増税後の景気対策として「住宅ローン減税」

    副業で始める!初心者の方が陥りがちな不動産投資のミスまとめ

  2. 不動産投資で失敗しない方法

    不動産投資における消費増税与える影響と金額のシュミレーション…

  3. 不動産投資における東京23区の区毎の特色や地域性を検証してみる

    2019年現在の東京23区再開発予定について

  4. 消費税増税後の景気対策として「住宅ローン減税」

    不動産投資家必見!おすすめの賃貸管理会社の選び方を徹底解説

  5. 不動産投資で失敗しない方法

    不動産のプロが解説!収益物件ってなに?東京がおすすめな理由と…

  6. 家賃収入で生計を立てる方法とは?

    家賃収入で生計を立てる方法とは ?

PAGE TOP
;