リノベーションってなに?リフォームとどこが違うのか?

リノベーションってなに?リフォームとどこが違うのか?

 

「リノベーション」この言葉は、世の中ではもはや当たり前に使われています。「リノベ物件」と聞くとポジティブな印象を受け、物件を買ったり借りたりする際にも影響していると思います。

しかし、「リノベーション」と「リフォーム」はなにが違うのだろうか?とふと冷静になって、頭をよぎった方は少なくないと思います。今回ご紹介するのは、リノベーションとはなんなのか?リフォームとは違うのか、はたまた一緒なのか?

知ってるようで知らないリノベーションについて学んでいきましょう!

 

当たり前になってるけど、リノベーションの定義は?

 

リノベーションは英語では「Renovation」と表記し、「更新」「刷新」「修築」という意味があります。しかし、一口に「リノベーション」といっても実はその定義はあいまいなようです。

一般社団法人リノベーション協議会によると、リノベーションとは「中古住宅を現代のライフスタイルに合った住まいによみがえらせること」であり、「機能、価値の再生のための改修。その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修」であり、例えば「水・電気・ガスなどのライフラインや構造躯体の性能を必要に応じて更新・改修したり、ライフスタイルに合わせて間取りや内外装を刷新することで、快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生」であると紹介しています。

壊れた箇所を修繕する、直すだけでなく、水まわりや冷暖房設備、セキュリティなどの設備を今より機能的にしたり、家族構成の変化に合わせて部屋数や間取りを変えて暮らしやすくするなど、住まいや暮らし方に新たな価値がプラスされるのがリノベーションの基準と言えるでしょう。

 

リフォームとリノベーションは何が違う?

 

しかし、リノベーションの定義を見ていても、リフォームとの違いはイマイチはっきりしないな…と感じるかと思います。実は、リノベーションの定義だけでなくリフォームも定義があいまいなのです。

リノベーションとリフォームどちらも定義があいまいなため、その境目はかなりあいまいになっています。ちなみに、Google翻訳で「リフォーム」を英語に翻訳すると、第一候補には「renovation」と出てきて、その他の候補に「reform」が出てきます。

一般社団法人リノベーション協議会によると、大枠ではリノベーションはリフォームの一種となります。そして「リフォーム」「リノベーション「優良なリノベーション」と3つに分類して説明しています。

また、リフォームとリノベーションでは、実施する「目的」が異なるとも言われています。リフォームの主な目的は「新築の時のような状態に戻すこと」となります。言わば原状回復が主目的となります。

対して、リノベーションは「機能を向上させる、機能を足す(もしくは減らす)ことで価値を上げる」ことが目的であり、新築に「戻す」とは違うベクトルとなります。

 

リフォームとリノベーションは何が違う?

 

しかし、リノベーションの定義を見ていても、リフォームとの違いはイマイチはっきりしないな…と感じるかと思います。
実は、リノベーションの定義だけでなくリフォームも定義があいまいなのです。

リノベーションとリフォームどちらも定義があいまいなため、その境目はかなりあいまいになっています。ちなみに、Google翻訳で「リフォーム」を英語に翻訳すると、第一候補には「renovation」と出てきて、その他の候補に「reform」が出てきます。

一般社団法人リノベーション協議会によると、大枠ではリノベーションはリフォームの一種となります。そして「リフォーム」「リノベーション「優良なリノベーション」と3つに分類して説明しています。

また、リフォームとリノベーションでは、実施する「目的」が異なるとも言われています。リフォームの主な目的は「新築の時のような状態に戻すこと」となります。言わば原状回復が主目的となります。

対して、リノベーションは「機能を向上させる、機能を足す(もしくは減らす)ことで価値を上げる」ことが目的であり、新築に「戻す」とは違うベクトルとなります。

リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームとリノベーションと優秀なリノベーション(引用:リノベーション協議会https://www.renovation.or.jp/)

 

リノベーションと建て替え、改築は何が違う?

 

これまで、リフォームとリノベーションについてご紹介してきましたが、それら以外でも建物を再生する方法はまだあります。そのひとつとして「建て替え」があります。建て替えは既存の基礎部分から取り壊して、新たに住宅を建てることを言います。

建て替えの場合、対象の物件が「再建築不可物件」ではないかの確認が必須となります。「4m以上の道路」に「2m以上面していない」土地に建っている建物は、いったん解体することが必要な建て替えができないのです。

また、建て直しの際は今の法律などで判定されるので、既存物件と比べて「建ぺい率」や「容積率」が今の基準と合わないため、家を狭くしなければいけない可能性もあります。

ほかにも似た概念で「改築」もあります。改築は建物を取り壊さずに土台や柱など既存の基礎部分は活かし、建物の全部もしくは一部をつくり直すことを指します。建て替えはもちろん、改築でも面積が変わったりするような大規模な工事となる場合、役所への届け出が必要となります。

また、建て替えや改築は建物の構造を変える手法となるので、基本的に一戸建てが対象となります。かたやリノベーション(リフォーム)の場合、主に内装がメインの改修となり建物の構造は変えません。リノベーションは内装がメインなので、一戸建てはもちろん、マンション1室単位も対象となります。

 

リノベーション不動産はこれから増えてくる?

 

リノベーションは中古物件を「再生」することで快適な生活が送れる空間を作ります。すなわち物件の価値を上げることにつながります。

現在の不動産価格の高騰は低金利政策の影響もありますが、原材料高や職人不足による人件費の高騰など原価が上がっていることもあり、建築にかかる費用は年々増加しています。また、ライフスタイルの変化による住み替えや高齢化の進展で相続件数の増加によって、中古物件は増加していくことが予想されます。

新築物件の販売価格の上昇によって、中古物件への注目度は増しており、現に中古物件の価格も上昇しています。さらには、地方を中心に非居住物件いわゆる空き家は増加しています。一般的に「人が住んでいないと家は傷む」と言われています。

そのような築年数の古い非居住物件は、設備の老朽化だけでなく間取りが現代的でなかったりするため、そのままリフォームで原状回復を図るだけでなく、現在のニーズに合わせた住宅に再生するリノベーションによって、不動産の価値を向上させて有効に利用していくことが期待されます。

リフォームとリノベーションの違いイメージ図

リフォームとリノベーションの違いイメージ図

 

リノベーションってなに?リフォームとどこが違うのか まとめ

 

本コラムを掲載しているe-home株式会社は売買仲介業務だけでなく、リノベーションなどの内装についての知識と実績が豊富であります。

また、民泊の住宅宿泊管理事業者として、民泊スタートアップから管理業務まで数多くのサポート実績があります。クライアント様が物件ごとに会社を変更しなくてもいいように不動産のコンシェルジュとして、売買仲介から物件管理、リフォームまで幅広い不動産業務をカバーすることで、お客様から多くの支持を得ています。不動産に関するお悩みのある方はまずe-homeまでご相談ください!

 

  • 原慎之介(Shinnosuke Hara)
    原慎之介(Shinnosuke Hara)

    中小企業診断士。計測機器製造会社の情報システム部門に勤務する一方で、図書館ビジネス相談会相談員、創業塾講師といった創業・経営者支援から、雑誌・Web記事への執筆などの活動に従事。 趣味は、スポーツ&一人呑み⇒1歳の娘を溺愛に路線変更。不動産購入を機に不動産投資の世界へ!

関連記事

  1. 貸す・売るだけじゃない不動産ビジネス~シェアビジネス編〜

    貸す・売るだけじゃない不動産ビジネス~シェアビジネス編〜

  2. 山手線【高輪ゲートウェイ駅】不動産の価値

    山手線の新駅【高輪ゲートウェイ駅】の不動産の価値を考える

  3. 不動産投資で失敗しない方法

    投資不動産オーナーとしてどんなリスクはあるのか?

  4. 不動産投資で失敗しないための購入手続きのチェックポイント

    不動産投資で失敗しないための購入手続きのチェックポイント

  5. 民泊のトラブル

    2019年建築基準法の一部改正法施行によって民泊はどう変わる…

  6. 投資物件の管理―自分でする?それとも会社に依頼する?

    投資物件の管理―自分でする?それとも会社に依頼する?

PAGE TOP