不動産投資のキホン「不動産投資の魅力」とは?

不動産投資のキホン「不動産投資の魅力」とは?

 

こちらの記事をご覧になられている方は、すでに不動産投資を行っている方や不動産投資はまだ始めていないが、興味があり情報収集をされている方だと思います。

不動産投資は比較的安定した収入が見込まれ、老後資金の準備や公的年金に変わる準備として一般的なビジネスパーソンにとって、身近な投資手法となっています。

一方、金額が大きな投資となり、一歩を踏み出すのみに躊躇されている方もいるかもしれません。
この記事が、自己資金を有効活用したいという高い志を持つ方にとっての一助になれば幸いです。

 

注目の投資手法「不動産投資」とは

 

いわゆる投資を生業としている方だけではなく、多くの人にとって、自己資金をいかに活用し、将来の経済的安定を手にするかということは人生の重要テーマになっています。「貯蓄から投資へ」と変化が進むなかで、様々な投資手法が存在していますが、不動産投資は安定して注目度が高い投資手法だといえるでしょう。

不動産投資には、他の投資手法と比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。
株式投資や債券投資も多くの方が行ったことのある投資手法と思われます。

しかし、株式や債券は市場における価格変動が大きく、その変化もとても速いものです。そのため、大きなリターンを得るチャンスもありますが、戦略的な投資や日々の値動きを細かくチェックしなければなりません。

しかし、不動産投資の魅力は、賃貸収入による安定した現金フローを享受できることであり、将来の経済的安定を目的とする一般的なビジネスパーソンにとってみれば、一攫千金よりも長期的に安定した収益確保できる不動産投資の方に魅力を感じる方もいるのではないでしょうか。

また、管理や改修によって計画的に物件価値の向上が見込める点も不動産投資の魅力です。さらに、物件という物理的な資産を保有することになるため、心理的な安心を感じる人もいるでしょう。

注目の投資手法「不動産投資」とは

注目の投資手法「不動産投資」とは

 

不動産投資の魅力「安定した収益」

 

2000年代後半、リーマンショック等による景気後退で不動産価格が低迷する時期もありましたが、アベノミクスや金融緩和政策等で徐々に不動産市場は持ち直しています。

低金利政策や海外投資家の資金流入などの影響もあり、現在では都市部を中心に不動産価格は上昇を続けています。

不動産投資の魅力は「安定した収益」です。投資において、安定した収益は安心感を生み出す要素の一つであり、不動産投資にはその特徴があります。

不動産は住居用だけでなく事業所、商業施設など不動産は人々の営みにおいて必要不可欠なものであり、需要が途切れることがありません。

不動産投資による収入は、物件値上がりによる売却益と賃貸収入を合わせて考えるものですが、賃貸収入は入居者がいる以上、安定して毎月収益を確保することができます。

不動産投資を考える多くの方は、将来の不透明な売却益を期待するよりも、毎月の安定した賃貸収入をイメージされているのではないでしょうか。

不動産投資は物理的な資産を取り扱うため、急激な価格変動が起こりうる株式投資等と比べると価格変動は緩やかで安定性があり、長期的な収益を予測しやすいという魅力があります。

不動産投資の魅力「安定した収益」

不動産投資の魅力「安定した収益」

 

不動産投資の魅力「投資リスク分散」

 

投資にリスクはつきもので、安定的な収益を期待できる不動産投資においても、リスク分散が重要です。
リスク分散のキホンは、地域や物件タイプ、入居者など物件の属性に偏りを持たせないことです。

異なる地域に複数件の物件を確保したり、戸建てと集合住宅を分けたり、住宅用物件と商業用物件を分けたりします。

需要変動の影響を最小限にするためには、複数の投資先をもつことが大切ですが、不動産投資を始めた当初は資金的な理由で単独の物件となるでしょう。

不動産投資市場の動向を継続的にモニタリングし、市場の変化を感じ、適切な価格での購入・売却、再投資の判断ができる準備をしておくことが、リスク低減の手助けとなります。

 

不動産投資の魅力「税制上メリット」

 

税制上メリットがあることも不動産投資の魅力の一つです。

賃貸物件の場合、賃貸収入は本業の収入に加えて所得税の対象となりますが、一方で修繕費や管理費が経費として認められるので、経費をしっかりと計上することで、所得税負担を軽減し税制上メリットを享受することができます。

また、賃貸収入の金額によっては、法人オーナーとして不動産を所有する方が税率が低くなる場合もあります。
所有形態や規模による点もあり、投資目標や資金余力により、専門家と相談し適切な投資判断を行う必要があります。

 

不動産投資のキホン「不動産投資の魅力」まとめ

 

最後に、不動産投資は賃貸収入により安定した収益を得られるという魅力がありますが、一方で無視できないデメリットやリスクもあります。不動産投資を成功に近づけるためには、デメリットやリスクを理解しておくことが重要です。

例えば、不動産投資は長期的な投資となります、短期的には手元資金が減少することもあるでしょう。
また、借入によってレバレッジを効かせることが一般的であり、その点をリスクととらえる考え方もあります。

また、物件を購入し、入居者と契約を結べばそれで終わりではありません。物件は日々の保守管理が必要です。修繕の見極めなども行う必要があります。

リスクを軽減するためには、事前の情報収集や専門家の活用が重要です。計画的に不動産投資を行い、1歩ずつ不動産投資の成功に近づいて行きましょう。

e-homeでは、賃貸・売買の仲介やその後の管理業務を請け負うことが可能です。
不動産投資をご検討中の方はお気軽に当社へご相談ください。

 

  • 丸田良廣(Yoshihiro Maruta)
    丸田良廣(Yoshihiro Maruta)

    経済産業大臣登録中小企業診断士。情報処理安全確保支援士。 ソフトウェア企業で総務業務に従事する傍ら、中小企業の経営支援や執筆を行う。不動産投資に興味があり現在勉強中!

関連記事

  1. 不動産投資 リスクを最小限に抑える小技とは

    不動産投資 リスクを最小限に抑える小技とは

  2. 任せっぱなしにしない、不動産投資ではなく不動産経営と心得る

    任せっぱなしにしない、不動産投資ではなく不動産経営と心得る

  3. かぼちゃの馬車 東京都足立区はシェアハウス向けの相談窓口

    シェアハウス「かぼちゃの馬車」が発端!?東京都足立区はシェア…

  4. 家賃収入で生計を立てる方法とは?

    家賃収入で生計を立てる方法とは ?

  5. 投資用不動産が自分のものになるまでの6つの手順

    投資用不動産が自分のものになるまでの6つの手順

  6. 不動産投資で失敗しない方法

    投資不動産オーナーとしてどんなリスクはあるのか?

PAGE TOP