公益財団法人東日本不動産流通機構2024年1月度月例速報

公益財団法人東日本不動産流通機構2024年1月度月例速報

 

今月も、公益財団法人東日本不動産流通機構(通称、東日本レインズ)より、1月分の不動産流通市場の動向が発表されました。
公益財団法人東日本不動産流通機構(通称、東日本レインズ)とは、不動産業者が売却依頼を受けた際に登録し、他の不動産業者へ広く広告する、不動産業者が見るサイトになります。
こちらのレポートは、公益財団法人東日本不動産流通機構に登録されている物件情報を月次集計したものです。

それでは1月の動向を見ていきましょう。
12月は、全体的にほぼ横ばい、取引件数の減る12月にしては悪くないけど…という状況でしたが、1月どうだったでしょうか?
1月はマンション・戸建ともに成約件数・成約価格が前月比で下がっている状況です。

それでは詳細を見ていきましょう。

 

東日本不動産流通機構2024年1月:首都圏マンション件数

 

成約件数は2,711件でした。ちなみに先月が2,941件でしたので前月比7.8%ダウン。前年比で5.0%アップ。8ヶ月連続で前年同月を上回りました。

新規登録件数は16,526件でした。先月が14,744件でしたので前月比12.1%の二桁アップ。前年同月比では0.4%ダウンとほぼ横ばいながら、前年同月を下回りました。

在庫件数は47,449件でした。先月が46,528件でしたので前月比2.0%アップと。前年同月比では8.6%のアップで24ヶ月連続で前年同月を上回りました。

 

東日本不動産流通機構2024年1月:首都圏地域別中古マンション件数

 

東京都
1月の東京都区部の成約件数は1,246件と前月の1,363件から8.6%ダウンで前年比では10.9%と二桁アップで8ヶ月連続で前年同月を上回りました。多摩は253件で前月の271件から6.6%ダウン。前年比1.2%のアップでした。

神奈川県
横浜・川崎市は448件と先月の481件から6.9%ダウンで前年比で1.3%ダウンで5ヶ月ぶりに前年同月を下回りました。
神奈川県他では161件と先月の168件から4.2%ダウン、前年比9.6%ダウンでした。

埼玉・千葉県
埼玉県は298と先月の323件から7.7%ダウン、前年比3.5%アップとなりました。
千葉県は305件。先月が335件から9.0%ダウン。前年比で6.3%アップとなりました。

 

東日本不動産流通機構2024年1月:首都圏地域別中古マンション成約㎡単価

 

成約㎡単価は1㎡あたり75.98万円で、先月の74.82万円からの1.5%アップ、前年比では11.2%アップで45ヶ月連続前年同月を上回りました。新規登録㎡単価は、1㎡あたり73.93万円で、先月の74,23万円からの0.4%ダウン。前年比では0.5%ダウンでした。在庫㎡単価は、1㎡あたり72.5万円で、先月の72.30万円から0.3%アップとほぼ横ばい、前年比では1.9%ダウンで6ヶ月連続で前年同月を下回りました。

 

東日本不動産流通機構2024年1月:首都圏地域別中古マンション成約㎡単価

 

東京都
都区部では1㎡あたり108.72万円で、先月の108.13万円から0.5%アップ。前年比では8.7%アップで45ケ月連続で前年同月を上回りました。多摩は1㎡あたり58.89万円で先月の50.69万円から16.2%の二桁アップ、前年比では17.5%と二桁アップで7ヶ月連続で前年同月を上回った。

神奈川県
横浜・川崎市では1㎡あたり62.83万円と先月の62.67万円から0.3%アップ、前年比では5.3%アップと7ヶ月連続で前年同月を上回った。神奈川県他では1㎡あたり45.61万円で先月の45.71万円から0.2%のダウン、前年比では19.4%の二桁アップとなり4ヶ月連続で前年同月を上回りました。

埼玉県・千葉県
埼玉県は1㎡あたり43.42万円と先月の44.77万円からの3.0%ダウン、前年比で8.6%のアップとなりました。
千葉県は1㎡あたり39.38万円で先月の36.62万円から7.5%アップ、前年比では8.3%アップでした。

成約価格は4,860万円で、先月が4,784万円からほぼ横ばい、前年比13.7%アップと44ヶ月連続の増加となった。専有面積は63.97㎡ 築年数では25.53年となりました。

次に戸建を見ていきましょう。

 

東日本不動産流通機構2024年1月:首都圏中古戸建住宅件数

 

成約件数は962件でした。先月が1,082件でしたので11.1%の二桁ダウン、前年比で1.7%アップとなりました。

新規登録件数は5,972件で先月の5,183件から15.2%アップ、前年比では25.2%の大幅アップで13ヶ月連続で前年同月を上回りました。在庫件数は20,654件で先月の20,012件から3.2%のアップ、前年比では35.0%アップとなり、17ヶ月連続で前年同月を上回りました。

 

東日本不動産流通機構2024年1月:首都圏地域別中古戸建住宅成約件数

 

東京都
都区部は178件と先月の193件からの7.8%のダウン、前年比では8.5%のアップとなり、3ヶ月ぶりに前年同月を上回りました。
多摩は121件と先月の148件からの18.2%の二桁ダウン、前年比では9.0%のアップとなりました。

神奈川県
横浜・川崎市では124件と先月の149件からの16.8%の二桁ダウン、前年比では3.9%のダウンとなり、4ヶ月連続ぶりに前年同月を下回りました。神奈川県他では119件と先月の115件からの3.5%のアップ、前年比では9.8%のダウンで3ヶ月ぶりに前年同月を下回りました。

埼玉県・千葉県
埼玉県は198件と先月の221件からの10.4%の二桁ダウン、前年比では1.0%ダウンとなりました。
千葉県は222件と先月の256件からの13.3%の二桁ダウン、前年比では5.7%アップとなりました。

 

東日本不動産流通機構2024年1月:首都圏中古戸建住宅価格

 

成約価格は3803万円と先月の3,926万円からの3.1%ダウン、前年比では0.6%ダウンで5ヶ月ぶりに前年同月を下回った。
新規登録価格は4,337万円で、先月の4,388万円からの1.1%アップ、前年比では2.9%ダウンで9ヶ月連続で前年同月を下回った。

在庫価格は4,440万円と先月の4,437万円から0.1%アップとほぼ横ばい、前年比では3.7%ダウンとなり、8ヵ月連続で前年同月を下回りました。

 

東日本不動産流通機構2024年1月:首都圏地域別中古戸建住宅成約価格

 

東京都
都区部は7,107万円と先月の6,499万円から9.3%アップ、前年比では7.5%アップとなり、3ヶ月ぶりに前年同月を上回りました。
多摩は3,408万円と先月の3,690件からの7.7%ダウン、前年比でも12.4%と二桁ダウンとなりました。

神奈川県
横浜・川崎市では4,318万円と先月の4,735万円からの8.8%ダウン、前年比では1.9%のダウンとなり5ヶ月ぶりに前年同月を下回った。神奈川県他では3,112万円で先月の3,405万円からの8.6%のダウン、前年比では16.3%の二桁ダウンとなりました。

埼玉県・千葉県
埼玉県は2,711万円と先月の2,843万円からの4.6%のダウン。前年比では5.2%アップとなりました。
千葉県は2,429万円と先月の2,819万円からの13.8%の二桁ダウン、前年比では3.9%のダウンと6ヶ月ぶりに前年同月を下回りました。

市場動向としては以上となります。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構2024年1月度月例速報まとめ

 

全体的に見て、1月は動き始めが遅いとはいえ、成約件数がマンション・戸建ともに落ちている感じです。
成約件数が減っているけど、新規登録件数が増えているので、売り物件の件数が増えているので、これが続くようだと値下がりにつながってくると思われます。

2月は4月なみの気温になったり、雪が積もったりして、ブレが多い気候ですが、早くも花粉が飛び始めているようです。
例年より早い花粉の時期の到来で気が重いですね……。月末辺りはまた寒くなるようですので、体調を崩さないよう、お気を付けください。

来月もご報告させていただきます。
よろしくお願いいたします。

 

  • 黒澤友貴(Tomotaka Kurosawa)
    黒澤友貴(Tomotaka Kurosawa)

    池袋の不動産会社e-home株式会社の代表取締役。みなさまの資産形成のお手伝いを不動産を通してお手伝いさせていただきます!

関連記事

  1. 2019年大規模災害を引き起こした台風19号が不動産投資に及ぼす影響

    2019年大規模災害を引き起こした台風19号が不動産投資に及…

  2. 民泊のはじめ方

    初めての民泊のはじめ方

  3. 公益財団法人東日本不動産流通機構2024年2月度月例速報

    公益財団法人東日本不動産流通機構2024年2月度月例速報

  4. そういえばサブリースって何?何で色々と問題が続出したのか

    そういえばサブリースって何?何で色々と問題が続出したのか

  5. 不動産投資における確定申告とは

    賃貸住宅管理業者登録制度の法制化を検討

  6. 山手線【高輪ゲートウェイ駅】不動産の価値

    山手線の新駅【高輪ゲートウェイ駅】の不動産の価値を考える

PAGE TOP