公益財団法人東日本不動産流通機構2023年5月度月例不動産市況 レポート

公益財団法人東日本不動産流通機構2023年5月度月例速報

 

先ごろ、公益財団法人東日本不動産流通機構(通称、東日本レインズ)より、2023年5月度の不動産流通市場の動向が発表されました。

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称、東日本レインズ)とは、不動産業者が売却依頼を受けた際に登録し、他の不動産業者へ広く広告する、不動産業者が見るサイトになります。

こちらのレポートは、公益財団法人東日本不動産流通機構に登録されている物件情報を月次集権したものになります。

 

全体的な動向としては

 

首都圏中古マンションでは、成約件数が2,337件で前年同月比で4.9%の減少。成約㎡単価では、1㎡あたり70.95万円で前年同月比で9.5%の上昇。専有面積が64,40㎡で前年同月比1.2%の上昇。築年数は23.5年で前年同月が23.26年でした。

成約件数に関しては、4月に続いて2か月連続の減少でした。
成約㎡単価が37ヶ月、成約価格では36ヶ月連続の上昇になりました。

首都圏中古戸建では、成約件数が1,111件で前年同月比3.7%の減少。こちらは17ヶ月連続の前年同月からの減少でした。価格は3,722万円で前年同月比で0.1%の上昇と、ほぼ横ばいながら31ヶ月連続の前年同月からの増加でした。

それでは、詳細を見ていきましょう。

 

東日本不動産流通機構2023年5月:首都圏マンション件数

 

成約件数が2,737件と前年比で4.9%減となり4月に続いて前年同月を下回りました。前月比では7.3%減となりました。

5月の新規登録件数が15,601件で前年比で15.3%の上昇で5カ月連続の前年同月からの上昇となりました。
前月比では9.6%の減少となりました。

在庫件数では45,779件で前年比で23.6%の上昇。16ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では0.4%のプラスとなりました。

 

東日本不動産流通機構2023年5月:首都圏地域別中古マンション件数

 

東京都
都区部で1,210件の成約で前年比2.5%の減少、前月比では4.9%減となりました。多摩地区では235件の成約で前年比16.4%と2桁の減少となり、3ヶ月ぶりに前年同月を下回った結果になりました。前月比では17.8%減となりました。

神奈川県
横浜・川崎市で468件の成約と前年比0.6%と、ほぼ横ばい。前月比で8.2%減。神奈川県他では200件とこちらは前年比で2.0%の上昇となり、10ヶ月ぶりの上昇となりました。前月比では1.0%増となりました。

埼玉・千葉県
埼玉県では302件の成約と前年比で2桁の13.0%の減少となり、17ヶ月連続の前年同月を下回りました。前月比では6.2%減となりました。千葉県では322件の成約と前年比で5.6%減少で4カ月ぶりに前年同月を下回りました。前月比では11.8%減となりました。

 

東日本不動産流通機構2023年5月:首都圏中古マンション㎡単価

 

成約㎡単価では70.95万円/㎡と前年比で8.1%の上昇。37ヶ月連続で前年同月を上回り、前月比でも1.1%上昇しました。

新規登録㎡単価では71.94万円/㎡と前年比で2.5%の上昇、5カ月連続で前年同月を上回りました。前月比では2.5%の下落でした。

在庫㎡単価では73.42万円/㎡で前年比0.8%の上昇とほぼ横ばいですが、64ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では0.74%の減少でした。

 

東日本不動産流通機構2023年5月:首都圏地域別中古マンション成約㎡単価

 

東京都
都区部で104.58万円/㎡で前年比0.9%の上昇で37ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では0.2%増でした。多摩地区では50.72万円/㎡で前年比5.9%の上昇でした。前月比では1.2%減でした。

神奈川県
横浜・川崎市では60.46%/㎡で前年比0.9%上昇と36ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では1.7%増となりました。神奈川県他では39.81万円/㎡と前年比で5.3%の上昇と30カ月連続で前年同月を上回りました。前月比では1.5%減となりました。

埼玉県・千葉県
埼玉県は41万円/㎡で前年比0.9%の上昇で36ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では2.3%
千葉県は37.06万円/㎡で前年比4.1%上昇と34ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では0.5%

 

東日本不動産流通機構2023年5月:首都圏中古戸建住宅件数

 

成約件数は1,111件となり、前年比で3.7%の減少で17ヶ月連続で前年同月を下回りました。前月比では3.7%の上昇でした。

新規登録件数は5,056件となり、前年比で28.5%増と大幅アップとなり、前月比では10.7%減となりました。
在庫件数は17,325件となり、前年比36,1%像と大幅アップとなりました。前月比でも1.5%増となりました。

 

東日本不動産流通機構2023年5月:首都圏地域別中古戸建住宅成約件数

 

東京都
都区部で185件と前年比で11.1%減となり4ヶ月連続で前年同月を下回りました。前月比では3.8%増でした。多摩地区では169件となり、前年比で4.3%増で17ヶ月ぶりに前年同月を上回りました。前月比では19,9%増となりました。

神奈川県
横浜・川崎市で162件と前年比3.6%減となり、前月比で1.8%減でした。神奈川県他では134件と前年比1.5%減で4ヶ月連続で前年同月を下回りました。前月比では1.5%の減少でした。

埼玉・千葉県
埼玉県が233件と前年比で3.3%の減少となり17ヶ月連続で前年同月を下回りました。前月比では9.9%増でした。
千葉県では228件と前年比で4.6%の減少で4ヶ月連続で前年同月を下回りました。前月比では4.6%の増加となりました。

 

東日本不動産流通機構2023年5月:首都圏中古戸建住宅価格

 

成約件数では3,722万円と前年比で0.1%増となり、31ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では3.7%減でした。

新規登録件数では4,173万円と前年比で0.9%減となりました。前月比では7.1%減でした。
在庫価格では4,547万円と前年比で0.2%増となり、34ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では0.1%増となりました。

 

首都圏地域別中古戸建住宅成約価格

 

東京都
都区部が6,099万円と前年比で3.2%減と4月に続いて前年同月を下回りました。前月比では2万円減となりました。多摩地区では3,784万円と前年比で4.2%増と4月に続いて前年同月を上回りました。前月比では7.0%減となりました。

神奈川県
横浜・川崎市で4,620万円と前年比で4.1%増となり、7ヵ月連続で前年同月を上回りました。前月比では1.8%減となりました。神奈川県他では3,419万円と前年比で2.4%減となり、23ヶ月連続で前年同月を下回りました。前月比では5.6%減となりました。

埼玉・千葉県
埼玉県で2,660万円と前年比で4.5%増となり13ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では6.0%増となりました。千葉県で2,375万円と前年比で2.3%増となり、27ヶ月連続で前年同月を上回りました。前月比では5.6%減となりました。

 

公益財団法人東日本不動産流通機構2023年5月度月例速報まとめ

 

市場動向としては以上となります。

全体的に見ると、4月があまりいい数字ではなかったのが、5月になり少し回復した印象があります。
また、気になるところは新規登録件数・在庫件数が増加傾向にあることだと思います。

今年に入ってからの動きを見ると3月までは上昇傾向だった流れが、4月に一旦下降し、5月に少し回復したと感じられます。

今月がどのような動向になるんでしょうか。

引き続き、市場動向を注意深く見ていきたいと思います。
皆様の不動産投資に活かしていただければと思います。

 

  • 黒澤友貴(Tomotaka Kurosawa)
    黒澤友貴(Tomotaka Kurosawa)

    池袋の不動産会社e-home株式会社の代表取締役。みなさまの資産形成のお手伝いを不動産を通してお手伝いさせていただきます!

関連記事

  1. 不動産投資を徹底解説

    不動産投資を徹底解説

  2. 不動産投資はハイリスク?収益の仕組みや注意点を解説

    不動産投資はハイリスク?収益の仕組みや注意点を解説

  3. 建物構造4種の特徴を生かした不動産投資物件の選び方

    建物構造4種の特徴を生かした不動産投資物件の選び方

  4. 安心R住宅を売却するまでの流れ

    安心R住宅って何が安心なのでアールか?

  5. 不動産小口化商品は危険?メリットやデメリットを解説

    不動産小口化商品は危険?メリットやデメリットを解説

  6. 不動産投資のキホン「不動産投資の魅力」とは?

    不動産投資のキホン「不動産投資の魅力」とは?

PAGE TOP